ドッグフードを選ぼう

健康志向が高まって、自分の食べるものだけでなく、犬のドッグフードにも気を配る人が増えてきています。共同生活をしているとはいえ、犬は人間とは大きさも必要な栄養も異なります。人間にとっては特別に害のないものでも、犬にとっては健康被害が大きくでるというものもあります。犬に必要な栄養が補え、健康にも良いドッグフードはどのようにして選べば良いのでしょうか。

まずは、犬に必要な栄養を飼い主さんが知っているということが大前提です。次に、ドッグフードの成分表示や注意書きなどに書かれている内容をきちんと正しく読み取る必要もあります。ドッグフードの成分表示は、専門用語も多く、それらをすべて理解していないと中身が分かりにくいのが厄介な部分です。愛犬の年齢に合わせたものを選ぶことも大切です。しかし、年齢だけで選ぶのも難しく、シニア犬と呼ばれる年齢でも元気いっぱい運動を好む犬にはエネルギーを補ってあげる必要があるなど、個々に合ったドッグフードを選ぶのは臨機応変さも必要になります。そういった個性ともいえる体力に合わせたドッグフード選びや、シニア用のドッグフードに切り替えを迷っているときは、遠慮せずにかかりつけの動物病院の獣医さんにアドバイスをもらうと良いでしょう。

ここではそういった愛犬の健康を考えたドッグフードの選び方をご紹介します。すでに犬を飼っているという人も、これから犬を飼おうかなと思っている人も、犬の健康食について一緒に考えてみませんか?

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加